社員研修で経営戦略研修を実施するときの研修内容|社員研修ドットコム

社員研修で経営戦略研修を実施するときの研修内容についてご説明します。経営戦略研修、経営戦略セミナーは、企業の根幹に関わる最重要なテーマの研修ですので、経営者、役員は必ず受講する必要があります。戦略コンサルタントを講師に迎えることが望ましいです。

社員研修で経営戦略研修を実施するときの研修内容

経営戦略

社員研修で経営戦略をテーマに研修を実施するときの研修内容について、7項目に分けて詳しくご説明します。

経営戦略研修で経営戦略の基本理論と概念を教える

経営戦略研修では、最初に経営戦略の基本理論と概念について教えます。経営戦略に関しては、様々な経営学者やコンサルティングファームが研究を重ねているので、その中から基礎となる重要な理論と概念を選択して理解させます。

一例をあげると、参加メンバーにSWOT分析、競争戦略(コストリーダーシップ・差別化・集中)、価値連鎖などを教えます。経営戦略の要素を理解することで、参加メンバーは企業組織の強みと市場の機会を最大限に活用する方法を学びます。

経営戦略研修で環境分析とトレンド予測の方法を教える

経営戦略研修では、環境分析とトレンド予測の方法を教えます。環境分析とトレンド予測は、外部環境の変化や市場のトレンドを把握し、それに基づいて適切な戦略を策定する能力を養うための重要な要素です。企業が生き残るためには、環境への対応が不可欠です。

具体的な研修内容としては、参加メンバーにPESTEL分析、ポーターの5つの競争力要因、市場動向の観察方法などを学ばせて、企業を取り巻く、変化を続ける環境に適応するためのスキルを身につけさせます。これらの分析のフレームワークを提供します。

経営戦略研修でビジョンとミッションの策定方法を教える

経営戦略研修では、ビジョンとミッションの策定方法を教えます。企業組織におけるビジョンとミッションは、企業の長期的な目標と方向性を示すための重要な要素です。ビジョンとミッションは、経営戦略を策定するための基盤となります。

具体的な研修内容としては、参加メンバーにビジョンとミッションの策定方法や重要性を説明し、組織のアイデンティティを確立するための手法を提供します。また、これらを全社員に伝えるコミュニケーションの重要性も強調します。

経営戦略研修で競争戦略の選択と展開方法を教える

競争戦略

経営戦略研修では、競争戦略の選択と展開方法を教えます。企業が競争優位性を確保するためには、適切な競争戦略の選択と展開が不可欠です。競合他社に打ち勝たなければ、企業の存続が危ぶまれ、成長することもできないからです。

具体的な研修内容としては、参加メンバーにコストリーダーシップ戦略、差別化戦略、市場集中戦略などの異なる選択肢を理解させ、自社のリソースや市場ニーズに基づいて戦略を選択するスキルを養います。そして、選択した戦略の展開方法につていも学びます。

経営戦略研修で経営資源と人材の活用方法を教える

経営戦略研修では、企業の持つリソースと人材能力の最適活用の方法を教えます。なぜならば、経営戦略を成功させて成果をもたらすためには、組織の内部リソースと人材能力の最適な活用が不可欠だからです。持てる力を最大限に活用することが重要です。

具体的な研修内容としては、参加メンバーにVRIO分析(価値・希少性・難度・組織の適合性)、コアコンピタンスの理論などを理解させて、組織の強みを抽出して、競争上の優位性を獲得する方法を学ばせます。戦略思考を持つ人材の養成方法につていも学びます。

経営戦略研修で戦略の遂行と組織変革の方法を教える

経営戦略研修では、戦略の遂行と組織変革の方法を教えます。企業が成長するためには、優れた戦略を策定するだけでなく、それを遂行するための経営計画と、戦略遂行に真剣に取り組む組織の整備が必要です。組織づくりは、戦略遂行の要となります。

具体的な研修内容としては、参加メンバーに戦略的な経営計画の策定方法、目標設定、KPIの設定などを教えます。そして、それと共に、企業組織が戦略の遂行に与える影響を理解させ、組織変革の方法も学ばせます。これには、組織文化の変革も含みます。

経営戦略研修でリスク管理と環境変化への対応を教える

経営戦略研修では、リスク管理と環境変化への対応を教えます。企業を取り巻く経営環境は常に変化し、リスクや課題が生じる可能性があります。この変化に適切に対応していかなければ、企業は成長の機会を失います。企業は変化を繰り返さなければなりません。

具体的な研修内容としては、参加メンバーにリスク管理の手法や危機管理の重要性を説明し、変化に柔軟に対応するためのスキルを育成します。また、変化に応じた戦略の調整方法、組織のあり方や、リーダーシップの役割などについても学ばせます。

まとめ

経営戦略研修は、企業の将来の方向性を定めるための研修であり、社員研修の中でも最重要な研修テーマとして位置づけられます。それゆえ、企業の経営者および役員は、必ず受講しなければなりません。

また、経営戦略研修は、現在の経営者や役員だけでなく、次世代経営者や次世代役員の候補に対しても実施すべきと考えます。経営戦略は幅が広く、奥行の深いテーマですので、ある程度の時間をかけて学ぶことが必要です。

当社の経験から見て、最初は経営戦略研修を実施して、経営戦略に関する一通りの知識とスキルを学んだ後に、社内に経営者や役員を中心としたプロジェクトを設定して、定期的なコンサルティングを受けることが望ましいと考えます。

その意味でも、経営戦略研修は、単なる研修会社に依頼するのではなく、当社のようなコンサルティング会社に依頼することが大切です。研修だけでは、有効な経営戦略を策定するのは難しいからです。

また、経営戦略を策定した後は、経営戦略の遂行をしなければなりません。その際にも、バランスド・スコアカード、戦略的評価指標の設定などを通じて、戦略の効果を測定し、持続的な改善を促進することが必要です。

この点についても、経営戦略研修の終了後には、継続的にコンサルティングを受けることで、確実に成果を上げることが期待できます。

お問合せ

経営戦略研修のカリキュラムは、下記をクリックしてご覧ください。

経営戦略研修
経営戦略研修|社員研修ドットコム

社員研修ドットコムによる経営戦略研修の目的、研修カリキュラム、よくあるご質問などのご紹介です。経営戦略研修は、企業経営で最重要な経営戦略を策定するための研修です。経営者、役員、経営企画室などが対象とな ...

続きを見る

社員研修の内容一覧は、下記をクリックしてご覧ください。

社員研修
社員研修の内容を主なテーマ別に解説する|社員研修ドットコム

社員研修の内容を主なテーマ別に解説します。この記事をご覧になっていただくと、社員研修で実施すべき主なテーマと、そのテーマで教える研修内容についての概要を理解していただけると思います。 社員研修の内容を ...

続きを見る